生酵素と酵素

こんにちは!酵素ドリンクサイト管理人のhanaです。
酵素サプリメントの中には「生酵素」と書かれているものと「酵素」と書かれているものが存在します。
「生酵素」と「酵素」は似て非なるもので、一般的には「生酵素」の方が期待できる効果が大きいとされています。

「生酵素」とは「酵素」と何が違うのでしょうか。

 

生酵素とは

加熱処理の有無

生酵素とは、一言でいうと加熱処理を行っていない酵素商品のことを指します。
酵素は熱に弱い性質を持っており、酵素の種類にもよりますが60~70度以上加熱すると失活するといわれています。
体内酵素は40度以上で失活するといわれていますが、植物の持つ酵素はもっと高温でも壊れないものもあるようです。

 

生酵素のほうが良い理由

生酵素が良い理由

酵素ドリンクやサプリは、そこに含まれる『酵素』を摂取することで健康やダイエットに有効であると思われがちですが、正確には『酵素』そのものではなく『酵素によって生成された成分』が体に良い影響をもたらすといわれています。
ですので、生でも生でなくても同じように体に良い効果をもたらす成分を摂取することができるのですが、生酵素の場合は含まれる酵素が失活していないため体に入る直前まで働くので、より効果的に栄養素を摂取することができると考えられています。

 

酵素で痩せる理由

生酵素で痩せる

「食物酵素が体内で体内酵素と同じ働きをする」という考え方は間違いなのだそうですが、それでも酵素食品にダイエット効果が期待できるのには理由があります。

食物酵素の働きによって食品はもともと消化・吸収しやすい状態になることができます。このため体内で消化酵素を大量に消費することなく、栄養素を摂取できます。

このメカニズムを活用したのが酵素サプリであり、特に生酵素サプリは胃の中で他の食物に働きかけることができるとされています。
こうして消化酵素の無駄遣いを防ぎ、摂取した栄養素が代謝酵素を活発にする為、代謝が上がりダイエット効果が期待できるということです。

 

 

酵素サプリの選び方

酵素サプリメントを検討する際にチェックしたいポイントは、熟成期間の長さ添加物の有無、そしてできれば生の酵素であるかどうかです。

酵素サプリの熟成期間

酵素サプリは発酵エキスをとるために、十分な熟成期間を経て作られています。
発酵方法や素材によって、熟成期間は異なりますが、それぞれの各メーカーごとに最適な長さでの発酵を行っているようです。
酵素サプリメントの中には熟成期間を開示していないものも多いのですが、最低でも1年以上の十分な発酵期間があると良いようです。

酵素サプリの添加物

添加物を消化するのにも酵素を必要としますので、なるべくなら酵素サプリメントに含まれる添加物は少ないほうがいいです。
ですが、カプセルの形状を保ったりするために添加物はどうしても必要となるため、無添加の酵素サプリメントはそう多くありません。
最低限の量の添加物にとどめている商品を選ぶことが大切です。

非加熱製法の酵素サプリ

エキスの抽出や粉末化の際にも熱を加えていないのが「生酵素」です。
先述した理由から酵素サプリを選ぶときは生の酵素が望ましいです。

扇風機や除湿器を使用して、より自然に近い環境で水分やアルコールを飛ばしたサプリメントがあります。
それが 酵素ダイエットサプリ 「生酵素」です。
生酵素222は、品質の変化を抑えるために瞬間的に粉末化できる噴霧乾燥法を用いて濃縮エキスを抽出していますので、完全な非加熱製法です。

生酵素222について、詳しくは生酵素222の効果は?ダイエットや便秘の解消にをご覧ください。

 

生酵素とは?まとめ

生酵素とは、非加熱で作られた酵素商品のことをさします。
酵素は「熱に弱い」という性質を持っているため、活性化した酵素を取り入れるためには非加熱の生酵素を選ぶ必要があるとされています。

酵素ドリンクのほとんどは殺菌のために加熱処理が施されているため、「生酵素」という表記が見られるのは今のところサプリメントだけです。