生酵素222

生酵素222はジプソフィラのこだわりがぎっしり!その成分は?

投稿日:2016-12-27 更新日:

生酵素_成分

こんにちは!酵素ドリンクサイト管理人のhanaです。
酵素サプリは毎日続けて飲むことで高い効果が期待できるものですが、毎日飲むとなると成分や添加物などにも気を使いたいですよね。

生酵素222は株式会社ジプソフィラがこだわりぬいて作った酵素サプリメントですが、その成分や配合されている栄養素は毎日飲むにふさわしいものなのかどうか、調べてみました。

 

生酵素222に対するGypsophilAのこだわり

生酵素222を販売している株式会社ジプソフィラの「からだのレシピシリーズ」からは、生酵素222の他にもサプリメントやお茶、スムージーなどが販売されていますが、すべての商品がかなりこだわって作られているようです。そのこだわりの一部をお伝えしたいと思います。

生酵素222は独自選定の有用菌を使用

生酵素222 有用菌

生酵素222をはじめとする「からだのレシピシリーズ」の商品は、どれも仕込みの度に新しい有用菌を使用しているんだそうです。
独自に選定された菌は厳しい環境でも力強く、寒い冬の間も食物を発酵させてくれます。

生酵素222の安全への取り組み

原材料はもちろんのこと、完成品もしっかりと検査。
食品衛生法だけでなく、独自の品質基準をクリアしたものだけを発送しています。NPO法人日本サプリメント協会の安心安全マークがその証です。

生酵素222 安心安全マーク

GypsophilAの環境を考えた取り組み

生酵素222などの製造過程で出る、抽出液を採取した後の搾りカスは農家の肥料として再利用しています。
きちんと環境のことも考えて作られたものって信頼できますよね。

 

 

生酵素222の植物発酵エキス

生酵素222と言えば、名前にも入っている通り222種類もの植物発酵エキスが使用されていることが最大の特徴と言えます。
生酵素222の食物発酵エキスは、国内の醸造元で熟成した3種類の植物発酵エキスをブレンドしたものを使用しています。

パッケージには3種類の食物発酵エキスの原材料が記載されていますが222種類全てではないようです。
表示されているものだけでもかなりの食材数であるため、それぞれの酵素の力が期待できそうですね。

ちなみにアレルギー物質は、乳・ゼラチン・キウイフルーツ・もも・りんご・大豆・やまいも・小麦を含んでいますので、これらの食品にアレルギーをおもちの方は注意が必要です。

他のアレルギー物質が含まれていないか不安な方は、公式サイトに問い合わせることで該当する食材を使用していないかどうか教えてくれます。

生酵素の食物発酵エキス

 

生酵素222の原材料

いろいろな配慮の元作られていてもやっぱり原材料が不明確だと困りますよね。
写真は生酵素222のパッケージ裏の原材料です。なんだか聞きなれない名前もありますので調べてみました。

生酵素の原材料

・サフラワー油
サフラワー油はベニバナの種子から採取される油脂で、カプセルの形状を保つために配合されていると思われます。
サフラワー油にはビタミンEが豊富であり、ビタミンEは冷え性改善や抗酸化作用によるアンチエイジングが見込まれます。

サフラワー油にはリノール酸が多く含まれており、このリノール酸は過剰摂取すると体に悪影響があると言われていますが、血中コレステロールを下げる役割もある必須脂肪酸です。
身体が正常に機能するうえで必要な成分であり、生酵素に含まれる量では過剰摂取にはなりにくいため、特に害があるものではないと言えます。

・黒酢濃縮末
黒酢濃縮末は黒酢を濃縮し粉末にしたものです。

黒酢は1年以上の長い時間をかけて発酵・熟成されるため多くのアミノ酸を含みます。アミノ酸には、疲労の原因となる乳酸の発生を抑える効果や、肌の水分を保って保湿する効果、リラックス効果があると言われています。

・L-カルニチン酒石酸塩
より体内に取り込まれやすいようにL-カルニチンと酒石酸を発酵製法により合成したものです。

L-カルニチンはアミノ酸の一種であり、ミトコンドリアに脂肪を運びエネルギーを生み出すうえで欠かせない成分です。
運動をして体を動かす場合はより多くのエネルギーが必要なため消費量も多くなるので、ダイエット中は不足しがちです。十分に補給することで体に溜まっている脂肪をエネルギーとして効率よく燃焼してくれるため、太りにくい身体を作ることができます。

酒石酸はワインなどに多く含まれる有機化合物で、食品添加物としての使用が認められているものです。

・キャンドルブッシュエキス
キャンドルブッシュは健康茶等に良く使用されているマメ科の植物です。

便秘やダイエットに良いとされていますが、センノシドという下剤成分が含まれているため下痢を引き起こす可能性があります。

生酵素を飲んで下痢になってしまったという口コミがあったのですが、おそらくこのキャンドルブッシュが原因ではないかと思われます。

私は生酵素を1ヶ月飲んでみましたが、特にお腹が緩くなったりすることはなかったです。これにおいては個人差があると思いますので、初めのうちは量を減らして服用することがおすすめです。

・殺菌乳酸菌(EC-12株)
人由来の乳酸菌であり、腸に住む腸球菌の一種です。

人の体に優しく、有用菌に多大な影響を与えます。また、生きた菌ではないため耐熱性が強く、少数で多くの菌を摂取できます。

・ゼラチン(ブタ由来)
コラーゲンを加熱抽出した動物性たんぱく質です。カプセルの材料となります。

・グリセリン
植物や海藻、動物などに広く含まれるアルコールの一種です。こちらもカプセルの材料となります。
グリセリンには吸湿作用があるため便秘解消効果も期待できるんだとか。

・ミツロウ
ミツバチの巣の元となる蝋を精製したものです。カプセル表面のツヤや成分の調和に必要です。

・グリセリン脂肪酸エステル
乳化剤として配合されており、混ざりにくい原材料どうしを均等に混ぜ合わせるために使われます。

・イカスミ色素
イカスミを使った天然由来の黒色の着色料です。

生酵素222は無添加ではありませんが、使用されている原材料はほとんど身体に害がないことがわかります。
キャンドルブッシュエキスにおいても副作用の有無には個人差がありますので便秘で悩んでいる方は試してみてもいいかなと思います。

 

 

生酵素222の成分まとめ

生酵素222の成分を調べたところ、無添加ではありませんでしたが、添加物のほとんどが体に無害な物を使用しているため、毎日飲むのを躊躇するような成分は入っておりませんでした。
ただし、キャンドルブッシュに関しては健康被害も出ているため、初めて飲むときには注意が必要です。

また、ホームページを見ると食物発酵エキスの製造過程に関する情報がしっかりと開示されていて、非常に好感が持てました。
人にも環境にも優しい商品づくりを目指しているジプソフィラは、信頼できるブランドなのではないかというのが個人的な感想です。

-生酵素222

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2018 AllRights Reserved.