四股ふみダイエット
色々な力士を好んで見に行く相撲好きの女子に「スー女」という呼び名ができるくらい、ここのところ相撲人気は再熱しています。
そんな相撲ブームも影響してか、ダイエット業界では「四股ふみダイエット」が話題なようです。
お相撲さんがする所作の四股を真似て痩せようというダイエット法なのですが、どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

四股とは

四股

四股とは、お相撲さんが土俵の上で行う所作の一つです。
脚を大きく広げて両手を膝の上に乗せた体勢から、片足を大きく上にあげ、地面に踏み込むという一連の動作のことを指します。

相撲取りが四股踏みを行う理由としては、対戦前の準備運動という意味合いや、地を踏みしめて鎮めるという宗教的な意味合いもあるといわれています。

 

どんなところに効くの?

四股は下半身、特に太ももの筋肉を鍛えるのに大きな効果が期待できる運動です。
太ももは人間の身体の中でも一番大きな筋肉が存在する部分であり、その分ここを動かすとエネルギーを多く消費できると言われています。

また、四股を踏むときには大きく足を上げるため、脚の付け根の柔軟性も上げることができるトレーニングなのです。
体が柔らかくなると血流がよくなり、むくみ予防にも効果的です。血流が良くなると体の代謝もあがり、更に太りにくい体質を作ることができると考えられています。

また、腰を落とすポーズをすると腹筋や背筋にも力が入ります。ポッコリとおなかが出ている人にも効果的なダイエット方法です。

その他にも正しいフォームで行うことができれば、骨盤の位置を整える効果が期待でき、体のバランスを整えることができると言われています。

 

四股ふみダイエットを室内で行う場合

防音マット

四股ふみは大股を広げて行うため人目につく場所でするのは恥ずかしいという方もいるでしょう。そういった場合はやはり室内で行うことになると思います。

四股ふみ自体は特に道具が必要なダイエット法ではありませんが、アパートやマンションなどの住宅に住んでいる場合は階下や近隣への騒音に気を付けなければなりません。
防音用のマットなどを敷いて行うことをおすすめします。

 

四股ふみのやり方は?

四股を正しく行うためには、基本姿勢が重要です。筋力トレーニングなど全般に言えることですが、正しい姿勢でないと四股踏みを行っていても十分な効果を得ることが出来ません。

基本姿勢は、お相撲さんのフォームを参考にしてみましょう。
足を肩幅よりも倍くらいに大きく開き、しっかりと腰を落とします。

この基本姿勢の状態から、力士のように片足ずつ足を上げて落とすだけなのですが、始めのうちは力士のように高く足を上げようとすると体の柔軟性や筋力面で体を支えることができませんので、無理は禁物です。
フォームのバランスが崩れずに上げられるところまで足を上げてキープし、ゆっくりと体のフォームを崩さないように足を地面に下ろしましょう。

10回~20回くらいを1セットにし、慣れてきたらセット数を2~3回に増やしていきます。

 

まとめ

最初のうちは体が安定せずにぐらぐらしてしまうかもしれませんが、慣れてくるころには細くてしなやかな足を手に入れることができるのではないかと思います。四股ふみダイエットはちょっとした時間にもできるので、空き時間を利用したダイエットには最適ですね。