ストレッチ ダイエット

何とかして痩せたいけれどキツイ運動は続けられないし、とりあえずストレッチから始めてみようかなと思っている方も多いのではないでしょうか。
ストレッチなら、激しい運動が苦手な人や体力に自信のない人でも気軽にできますよね。

でもストレッチってそんなに息も上がらないし、体をほぐしているだけのような気がしますがダイエット効果はあるのでしょうか?
ストレッチの各部位に対する効果と、気になるダイエットの効果を調べてみました。

 

ストレッチのダイエット効果

ストレッチは、毎日継続して行うことで筋肉を柔らかくする効果があります。その影響で基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼にも高い効果が現れると考えられています。
しかし、残念ながらすぐに「痩せた!」と思えるほどの即効性はありません。ストレッチをすると痩せるというよりも、痩せやすい体を作るためにストレッチが効果的であると言えます。

ダイエット目的でストレッチをする場合、食事や睡眠といった生活習慣にも気を配るようにするとより効果的です。
ストレッチだけで痩せるには限度がありますので、他のダイエット方法と組み合わせて取り組むことがおすすめです。

 

ストレッチは継続が大事

ストレッチは短期間でダイエット効果が出るものではないため途中で辞めてしまう人も少なくないのですが、継続して続けていくことで身体の脂肪が燃焼されやすくなると考えられています。
身体を動かす運動と比べると消費カロリーは少ないですが、いつでも簡単に行える分継続しやすく、ダイエット初心者にはうってつけです。

ストレッチを継続して行うことで具体的にどのくらいの効果が見られるのかというと、例えば服を着た時に以前よりゆるく感じたり、鏡を見たときに少しラインがすっきりして見えたりといったものが多く、あまり大きな変化とは言えません。

しかし、ストレッチを行うことで体温が上がって基礎代謝がよくなり、消費カロリーが以前より増えるので体重が増えにくくなるのだそうです。
もちろん、食事の量には気を配る必要がありますが、食べるのを我慢するダイエットはしたくないという人にもお勧めです。

 

ストレッチの基本のやり方

ストレッチ やり方

ストレッチの方法は多種多様です。ゆっくり伸ばす、ひねる、曲げるといった動作を繰り返し行うことが基本と言えます。

日常的に行うストレッチには「静的ストレッチ」というものが適しています。これに対し、運動前などに行なうストレッチは「動的ストレッチ」といいます。
静的ストレッチはゆっくりと筋肉を伸ばして可動域を広げ、反動を付けずに行うストレッチ方法です。
伸ばせるところまで伸ばし、数十秒間キープするのが基本的なやり方ですが、慣れないうちは自分が心地よく感じる程度まで伸ばすと身体を痛める心配がありません。筋肉痛になったり、どこかが痛んでしまうのはやりすぎですので、注意しましょう。

また、ストレッチを行う上で、同時に心がけたいことは、水分を意識的に摂ることです。
ストレッチを行うと血流が良くなって老廃物を排出する効果が高まりますが、その際水分が不足していると十分な効果が現れません。
水分の摂取量の目安は個人の身長や体重、運動量によって変わってきますが、基本的には一日2リットルの水分補給が好ましいとされています。

 

ストレッチで部分痩せは可能?

ダイエットにおいて部分痩せは難しいといわれていますが、ストレッチは長期間続けることで部分痩せにも効果があるとされる説もあります。
人気の部分痩せストレッチを紹介します。

お腹痩せ・便秘解消ストレッチ

ストレッチ お腹

お腹痩せのストレッチは数多くありますが、基本の動きは「伸ばす」「ひねる」です。
ポッコリお腹の原因は太っているせいだけでなく、便秘やガスなどで膨らんでいることや、内臓が正しい位置にないことが理由になっていることもあるのです。お腹ストレッチで内臓の位置を正し、内臓の正常な働きを促します。
また、お腹のストレッチは大腸を刺激する効果もあるため便秘解消にも効果的であるとされています。

寝たままや座った状態で行うものなどいろいろありますので、調べてやってみましょう。

脚痩せストレッチ

ストレッチ 足

女性の悩みで特に多いのが足のむくみです。立ち仕事の人はもちろん、座り仕事の人もむくみに悩まされている人は少なくありません。むくみは体の先端である足に溜まってしまう水分が原因です。心臓から離れた部分にある脚は血行が悪くなりがちで、余分な水分を排出することができずむくみとなってしまいます。

むくみはストレッチで足をほぐすと解消され、同時に筋肉を鍛えることにつながるのでむくみにくい足を作ることができます。
むくみがひどい場合は夜寝る前にストレッチを行うのが効果的です。

また、できるようであれば脚のむくみを感じたときに都度ストレッチを行なうようにすると、むくみも早く解消され、改善にもつながります。

二の腕ストレッチ

ストレッチ 二の腕脚と同じくらい女性が気になる部位と言えば二の腕ですね。二の腕の脂肪は特に、女性は男性よりも付きやすく、一度ついてしまうとなかなか落ちません。夏場は特にたるんだ二の腕が目立ち、見た目にも良くないので、ストレッチで改善できるならばうれしいですよね。

筋トレなどでがっつり鍛えるよりも女性らしいラインを保ちつつ引き締めたいならばストレッチがおすすめです。

 

ストレッチをするタイミング

ストレッチは時間や場所を問わないので基本的にはいつ行っても構いません。
ですが、毎日同じ時間やタイミングで行うようにすると、一連の動作として習慣づけやすくなります。決まった時間にストレッチを行うようにするなら、おすすめのタイミングを紹介します。

 

起床後

ストレッチ 朝

朝起きてすぐにストレッチを行なうと基礎代謝の向上にも繋がり、一日中体が燃焼しやすい状態になります。軽く朝から体を動かすことで、目も覚めてよい朝のスタートが切れますね。冬は寒くて体が縮こまりがちですが、寒い冬こそ体を温めるという意味でも朝のストレッチがおすすめです。

入浴後

ストレッチ 入浴後

お風呂上りは体が温まり血行も良くなっているので、そのタイミングでストレッチを行うと筋肉が柔らかく動かしやすいです。
また入浴後のストレッチは、通常時よりも消費カロリーが上がるとも言われており、ダイエットには最も効果的かもしれません。
柔軟性を高めたい人にもおすすめのタイミングです。

就寝前

ストレッチ 寝る前

ストレッチにはリラックス効果があるため、質のいい睡眠をとるためにも寝る前のストレッチはおすすめです。
新陳代謝もよくなって、睡眠中のカロリー消費量があがると考えられています。

 

まとめ

ストレッチのダイエット効果はきわめて小さく、運動や食事制限には及びませんので、ストレッチだけを行って痩せることは難しいと言えます。ですが、ストレッチを継続的に行うことで体を柔らかくしたり基礎代謝を上げること合できるため、痩せやすい体作りには最適な方法です。

他のダイエット法と組み合わせたり、ダイエットの第一段階として取り入れるのにストレッチはおすすめです。