ストレッチ 太もも

ストレッチの前には筋膜リリースが大事!筋膜をはがして効果アップ

投稿日:2017-10-20 更新日:

筋膜リリース

運動不足で筋肉を使う機会が少ないと、筋肉は動かしにくい状態になっているかもしれません。『筋膜リリース』を行って筋肉の動きを良くすることで、筋トレやストレッチの効果アップが見込めます。

 

筋膜って?

筋膜とは、全身の筋肉を包んでいる薄い膜のことです。コラーゲンが主成分であり、伸び縮みするため筋肉に密着した状態になっています。筋膜は運動不足であったり同じ姿勢を長時間続けていたりすると癒着や萎縮をしてしまい、筋肉に張り付いて体の動きが悪くなると言われています。

 

ストレッチや筋トレの前には筋膜リリースを!

せっかく筋トレをしても筋肉の動きが悪いと効果が半減してしまいますので、体を動かす前には筋膜リリースをして、筋膜をはがしてあげると良いのだそうです。
筋膜リリースの方法はとっても簡単で、筋肉に対して垂直に圧をかけるだけ。強さは痛気持ちい程度を目安にし、回数などの決まりはありません。筋肉がほぐれたかなと思うくらい行うのがベストです。

 

太ももの筋膜リリースに挑戦!

デスクワークなどで同じ体勢を続けていると、特に下半身の筋膜が癒着しがちなようです。太ももの筋膜リリースの方法をいくつか紹介いたします。

1.外ももの筋膜リリース

床に座り、両膝を左右どちらかに倒します。膝が内側を向いている方のももに肘を置き、太ももの付け根から膝上にかけて垂直に圧をかけていきます。反対側の脚も同じように行いましょう。

2.内ももの筋膜リリース

1と同じように、床に座り膝を左右どちらかに倒したら、今度は膝が外側を向いている方の内ももに肘を置き、脚の付け根から膝上にかけて垂直に圧をかけていきます。反対側の脚も同じように行いましょう。

3.前ももの筋膜リリース

足の裏を地面に付けた状態で椅子に座り、ももの上に肘を置き、脚の付け根から膝上にかけて垂直に圧をかけていきます。余裕がある人は、膝を伸ばし脚を浮かせた状態で行うとより効果的です。反対側の脚も同じように行いましょう。

4.後ろももの筋膜リリース

後ろももは肘を使うことが難しいのでテニスボールを使います。
太ももの付け根と座面の間にテニスボールを挟んだ状態で椅子に座ります。テニスボールを膝裏付近まで転がすようにして脚を動かします。往復させて太ももの裏に刺激を与えます。反対側の脚も同じように行いましょう。
椅子は背もたれのないものを使い、お尻を半分だけ置くようにするとやりやすいです。

 

まとめ

筋膜は癒着によって筋肉が動かしにくくなるだけでなく、体のゆがみや痛みの原因となっていることもあるようです。ストレッチや筋トレの前には是非筋膜リリースを行って筋肉をほぐしてみましょう。

-ストレッチ, 太もも

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2018 AllRights Reserved.