ダイエット 間食

ダイエット中のおやつに昆布がいい理由は?含まれる栄養素と効果

投稿日:

昆布 ダイエット おやつ

口元が寂しくて間食がやめられない…何かを口に入れておかないと気が済まない…ダイエット中の方の中にはそういう困った悩みを持っている方も多いのではないのでしょうか?

今回ご紹介する昆布を使ったダイエット方法は、おやつに昆布をとりいれることでダイエットに貢献できるという嬉しい方法です!昆布に含まれる栄養素とダイエット効果を確認し、どのようにすれば正しくダイエットができるのかチェックしていきましょう。

 

昆布はダイエットに効果的?

普段の食事で風味や香りを与えてくれる昆布。髪の毛の健康にもいいということで毎日の食生活に取り入れるよう心掛けている方もいるかもしれません。しかし、昆布の豊富な栄養素は髪の毛の健康と美容だけに発揮されているわけではありません!実は近年、ダイエット効果も高いということで女性たちの間でも話題になっているのです。

 

間食を昆布にしてカロリーダウン

昆布 間食 ダイエット

昆布を使ったダイエットの中でも、特におやつ昆布を使ったダイエット方法が人気のようです。普段、間食で食べているお菓子などを、おやつ昆布に置き換える方法です。

例えば、板チョコを1枚食べるとそれだけでも250キロカロリーを超えてしまいます。これに対しておやつ昆布は1袋12g入っているものが多いのですが、1袋全部食べても約30キロカロリーにしかならず、とってもヘルシーなのです!

 

昆布に隠されたダイエット効果

ダイエットに昆布を使うメリットは、ローカロリーなこと以外にどんなものがあるのでしょうか?昆布に含まれる成分から期待できるダイエット効果や美容・健康効果も合わせて見ていきましょう!

アルギン酸で痩せやすい体に

昆布 アルギン酸

まず昆布には水溶性食物繊維であるアルギン酸が豊富に含まれています。アルギン酸に認められるダイエット効果は主に2つ。便秘改善効果と満腹感の持続です。

食物繊維が腸内環境を整えて便秘を改善してくれることはよく知られているところですが、昆布に含まれているアルギン酸は大量に摂取しても下痢などを起こしにくいことが分かっています。
またアルギン酸は昆布のヌメリを構成している成分のひとつで、胃腸の中をゆっくりと移動するので満腹感が続きやすくなります。そのため少量でも間食の満足感が得られやすいのです。

アルギン酸はダイエット効果だけではなく、コレステロールを低下させることで動脈硬化や心筋梗塞などの重大な病気からも身を守ることができると言われています。

 

フコイダンで中性脂肪を抑える

昆布 フコイダン

フコイダンは昆布の粘り気を出すためのもう一つの水溶性食物繊維です。
フコダインによって便秘改善効果が期待できるだけではなく、脂質の吸収を抑えて中性脂肪の上昇を抑えられることも実験により判明しています。またフコイダンを摂取することで腸の免疫能力も高められることが分かっており、健康的なダイエットが可能なのです!

 

ミネラルもたっぷり!

昆布 ミネラル

昆布にはカルシウムや鉄分、ナトリウム、カリウム、ヨウ素などのミネラル成分もたっぷりと含まれています。昆布に含有されるミネラルは海水に似た成分で、ヒトの体にも吸収されやすいという特徴があります。
特にカルシウムは、骨の形成やイライラ防止に効果があることが知られていますよね。しかしその他にも脂肪燃焼を促して脂肪の吸収を防ぐダイエット効果も発見されています!
ヨウ素にもタンパク質や脂質、糖質などの代謝を促進させる効果があり、新陳代謝を高めてダイエット効果をさらに向上させる働きがあります。

 

 

よく噛むほどに満腹感を得られる

昆布 噛む

おやつ昆布はパクパク食べるというよりは、一枚ずつ噛みながら食べますよね。
実は噛むという行為は満腹感を与えるのにとても重要です。人間はよく噛むと血糖値が上昇し満腹中枢が早い段階で刺激されます。そのため噛む回数が多いほど満腹感を得られやすく食べ過ぎを防ぐことができるのです!

昆布にはうま味成分も含まれているので噛めば噛むほどに味わいが膨らんでいくのが分かります。そのためダイエット中の間食には最適な食材なのです!

 

味の変化をつけられる

昆布 味

おしゃぶり昆布などのおやつ昆布を食べたことがある方は梅味のおやつ昆布も見たことがあるかもしれません。
実はおやつこんぶの場合、梅味でもカロリーや成分量に大きな違いはありません。1つの味だと飽きてしまいやすいですが、様々な味があると飽きずに続けやすいですね!

 

 

昆布をおやつに食べる際の注意点

昆布には、ダイエットに最適な栄養素や効果が多く含まれていることが分かりましたね。しかし昆布をダイエットに使うにはいくつか注意点があります。

 

間食の補助として使うこと

うま味成分がたっぷりと含まれているおやつ昆布は、ついつい気づいたら何袋も食べていた!ということがあるかもしれません。カロリーの点から言うとそこまで問題があるほどの量ではないのですが、もっと注意したいのは摂取するヨウ素の量です。

他の海藻よりもヨウ素が豊富に含まれている昆布は、少しでも食べすぎると簡単に大量のヨウ素を摂取することになってしまいます。日本で成人に推奨されているヨウ素の摂取上限量は3000マイクログラム。しかしおしゃぶり昆布などに代表されるおやつ昆布では、しばしば1グラムの昆布でもヨウ素が3000マイクログラムを優に超えてしまっていることがあります。

ヨウ素の過剰摂取が続いてしまうと甲状腺の機能を低下させたり、息切れや吐き気などを引き起こしたりする可能性もあると指摘されています。また、食べ過ぎや体重を増加に繋がってしまうなどダイエットとは逆の効果をもたらすこともあるようです。

そのため昆布をおやつに置き換える際には、他の置き換え食材と交代で食べるなど補助として使うようにした方が良いでしょう。

 

無添加のものを選ぶこと

昆布自体はダイエットや美容・健康にも効果的な栄養が満点なのですが、おやつ昆布となると様々な添加物が配合されているものもあります。ダイエットが目的である場合には無添加のおやつ昆布を選ぶことがおすすめです。

 

まとめ

昆布には脂肪燃焼や排出、満腹感を与えるなどのダイエット効果だけではなく、便秘改善を促したり血液の健康を守ったりと美容や健康にも効果が高いことが分かりましたね。

ヨウ素が豊富に含まれているため昆布の過剰摂取には注意したいところですが、昆布自体はダイエットには嬉しい効果がたくさんあるので、ぜひ間食の補助としておやつ昆布を取り入れてみてくださいね!

 

 

 

-ダイエット, 間食

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.