ダイエット 下半身痩せ

食事によって下半身太りする可能性大!太りやすい食べ物とは?

投稿日:

下半身太り 食べ物

下半身太りを何とかしたくてダイエットに挑戦!!!マッサージや運動を熱心に頑張っている人も多いはず。でも、なかなかダイエット効果が出ないなんてことも…。
もしかしたらそれは食事が原因なのかも。食材の中には取りすぎると下半身太りを促進してしまう物もあります。食事によって下半身太りが悪化してしまう原因やその食材、下半身太りを軽減する効果が期待できる食材を紹介いたします。

 

1.気をつけなければならないのはカロリーだけじゃない

下半身太り ダイエット 食事

いざダイエット!となったらやっぱり気になるのはカロリー。ですが、食事で気にすべきなのはカロリーだけじゃないんです。食べ過ぎると下半身太りの原因となってしまう意外な食べ物や、下半身痩せに効果を発揮してくれるおすすめの食べ物をご紹介したいと思います!
これを読んで、さっそく食生活を変えてみましょう!

 

2.そもそも下半身太りの原因は?

下半身太りの原因として、むくみ・脂肪・筋肉不足などがあげられます。
これらの症状を引き起こしている原因の一つが体の「冷え」です。冷えは血液の流れが悪くなり、リンパの巡りも悪くなっている状態です。

冷えは筋肉量を増やしたり、リンパの流れを良くすることで改善することができます。しかし、食事で摂取したものが血液やリンパの流れを悪くしていることもあります。これでは筋トレもマッサージも意味がありません(;O;)

 

3.食事で気をつけなければいけないのは?

血流を悪くする食生活を続けていては体の代謝が上がらず、下半身痩せも遠のいてしまいます。取り過ぎに気をつけたい食べ物がいくつかあるので、詳しくご紹介したいと思います。

 

(1)塩分の多い食べ物は「むくみやすい体」に

むくみ 塩分

しょっぱい物っておいしいですよね!でも、しょっぱいものを食べていると喉が乾いてきたことはありませんか???
実はこの現象、体の中でも同じ事が起きているんです。

塩分の多い食べ物を食べ続けると、血液中の塩分濃度が上がります。すると適正な濃度を保つために、体内から水分を排出する働きがストップするのです。
のどが渇くので水をたくさん飲むと、身体は水分を蓄えようとするので排出されず、余分な水分が溜まっていくことになります。

この時に溜め込んだ余分な水分がむくみへと変わってしまうのです。

 

(2)菓子パン、ケーキ、カップ麺を食べ続けると怖いのは「トランス脂肪酸」

下半身太り トランス脂肪酸

トランス脂肪酸」って知っていますか?菓子パン、マーガリン、ケーキ、カップ麺などに含まれる油のことです。
トランス脂肪酸は植物油に水素添加をしたり、高温処理をすることでできる人工的な油脂です。このトランス脂肪酸を含む食事を食べる事が多いと、悪玉コレステロールが増えて血管が詰まりやすくなります。これにより心臓病のリスクが高まるなど様々な健康被害があるようです。
ダイエットは健康でないとできませんよね。

またトランス脂肪酸は、人間の体では燃焼されづらく蓄積されやすいという説もあります。トランス脂肪酸を大量に摂取していてはダイエット成功の道も遠のくばかりです…。

 

(3)甘いお菓子に含まれる白砂糖で「冷えやすい体質」に

下半身太り 冷え 白砂糖 

甘いお菓子って女性は特に好きな方が多いですよね♪ついつい食べちゃう!なんて人も多いのではないでしょうか??でも大半のお菓子に使われている白砂糖に、実は注意が必要です。

白砂糖のなどサトウキビが原料となっている糖類は体を冷やす作用があると言われています。
また、糖は体の中でエネルギーになるためにビタミンB群やカルシウムが必要となりますが、砂糖にはそれらがほとんど含まれていないので体内にあるものを消費します。
ビタミンBは赤血球を作り出すのにもなくてはならない存在なのですが、砂糖を摂りすぎるとビタミンBが不足し、十分な量の血液が生成されなくなってしまいます。
これにより血流が悪くなって冷えが生じます。

身体の冷え、つまりむくみやすい環境を作り出してしまうことになるので、砂糖の摂り過ぎには注意が必要なのです。

 

(4)カフェインはダイエットにいい?過剰摂取は逆効果!

むくみ カフェイン 摂り過ぎ

脂肪燃焼効果があると言われているカフェイン。そのため、ダイエット中に積極的に摂取しているという方もいらっしゃるほどです。ですが、ダイエットにいいからとカフェインの過剰摂取は禁物です。

カフェインには利尿作用があるため、むくみ解消に良いと思われがちですが、カフェインを摂りすぎてしまうと無意識のうちに脱水状態になり、逆に水分を貯めこみやすい状態になってしまいます。
カフェインは適量であればお勧めですが、取り過ぎには注意です。

また、コーヒーに含まれるカフェインとタンニンには、鉄分の吸収を阻害する作用があります。珈琲は適量を楽しむようにしましょう。

カフェインと聞くとコーヒーのイメージが強いですが、ウーロン茶や紅茶、玉露茶などのお茶類やエナジードリンクにも含まれています。ですので、無意識のうちにカフェインの摂り過ぎになてしまっていることも少なくありません。

 

4.下半身痩せに効果的な食材は??

体の冷えとむくみの原因になる食材についてご紹介しましたが、普段の食事で何気なく食べているものが多いですよね。逆に、体の代謝を上げ、血行を良くしてむくみを改善してくれる、そんな食材がわかれば下半身太りを招きやすい食材の代用にすることで効果が期待できます。

むくみの改善と深い関係にある栄養素がカリウムです。カリウムはミネラルの一種であり、カリウムが多く含まれる食材を食べることがむくみ解消に効果的だと言われています。

・カリウムの働き

カリウムは細胞内液に存在しており、細胞外液に存在するナトリウムと一定のバランスを保っています。ですが、塩分の過剰摂取などによって体内のナトリウム濃度が高まると、カリウムとのバランスが保たれなくなるため水分を貯めこんでナトリウム濃度を下げようとします。これがむくみにつながる要因となってしまうこともあります。

また、現代人はカリウムが不足しがちです。塩分の取り過ぎに気を付けるだけでなく、カリウムの積極的な摂取も求められます。

カリウムが多く含まれている食材を紹介いたします。

(1)玄米を毎日食べて痩せ体質に

下半身太り 玄米

スーパーフードとして注目されている玄米には、白米の約3倍の量のカリウムが含まれています。また玄米にはビタミンB群が豊富に含まれているため、糖質や脂質の代謝をアップし、痩せやすい体質を作ってくれます。

普段食べている白米と比べると、血糖値の上昇がゆるやかで脂肪が付きづらいのも嬉しいポイントです!

 

(2)海藻類で基礎代謝アップ

下半身太り 海藻

海藻類にはカリウムが豊富に含まれているだけでなく、ビタミンやミネラルも豊富なため脂肪燃焼や基礎代謝のアップに効果があります。
こんぶ、わかめ、とろろこんぶ、ひじき、焼きのりなど身近な食材で使いやすいため、意識して食べてみる事をおすすめします☆

 

(3)きのこを食べて脂肪の吸収を阻止

下半身痩せ きのこ

きのこ類は、キノコキトサンという栄養素があり、脂肪の吸収を阻止する働きがあります。さらに脂肪を分解して減少させる役割があるとも言われています。

きのこは安価で様々な食材と合うので何気なく食べている事も多いと思いますが、カロリーは少なく食物繊維が豊富、食べるとすぐに満腹感が得られるという利点の多い食材です!

 

(4)アボカドで健康促進

下半身痩せ アボカド

アボカドはカロリーが高めなので、ダイエット中は控えがちになる食べ物ではないでしょうか。でもカリウムやビタミンEが豊富に含まれているので、1日の分量を決めて是非取り入れてほしい食材の一つです。

ビタミンEは血液中のコレステロール値を下げてくれる作用があります。1日に食べる量としては、半分程度がおすすめです。

 

(5)納豆パワーで血液サラサラ

下半身痩せ 納豆

みなさんご存知の通り納豆は健康や美容にもかなりいいと言われている食材です。血液をサラサラにしてくれる成分・ナットウキナーゼや美容効果のある栄養素・イソフラボンも含まれています。
簡単に食べれて、むくみの改善だけでなく基礎代謝アップに期待できる食品です。

 

5.まとめ

下半身太りに繋がってしまう食材、下半身痩せに効果的な食材をご紹介しましたが、いかがでしたか?
普段の食事で何気なく食べているものを過剰に摂取してしまうことで、下半身太りに繋がっていた事がわかりましたね。今回ご紹介した、下半身痩せに効果的な食事を取り入れながら食事の内容を改善してみることがおすすめです。

ですがもちろん一つの食材を過剰に摂取することはおすすめできませんので、バランスの良い食事を心がけてくださいね。そして適度な運動も取り入れると効果は大きく変わってきます。まずは今日の食事から見直していきましょう!

-ダイエット, 下半身痩せ

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.