骨盤矯正

骨盤矯正でむくみが改善?骨盤の歪みと浮腫みの関係について

投稿日:

骨盤矯正 むくみ

毎日のデスクワークや1日中立ちっぱなしで足がパンパン。夕方になると足がむくんでしまい、だるさまで感じてしまう女性も多いのではないでしょうか?
どうして足だけこんなにむくんでしまうの??その原因は「骨盤の歪みや開き」にあるかもしれません。骨盤矯正をするとむくみが改善されることがあるって知っていましたか??今回は骨盤の歪みとむくみの関係について調べてみました(^^)/

 

1.むくみとは??

むくみは、血液の循環と大きく関わっています。

私たちの体内に流れている血液は、心臓がポンプのような働きをする事によって流れ、水分や栄養分を体中の細胞へ供給する役割を持っています。それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。

この静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまうと「むくみ」が起こります。

 

2.骨盤の歪みとむくみの関係は??

骨盤のゆがみ むくみ

骨盤が歪んでいると血管や内臓が圧迫されてしまいます。それが原因で血行が悪くなってしまうため、いくら心臓ががんばって血液を流していても足の血行は良くなってくれないのです。血流が滞る事で、どんどん足はむくんでいってしまいます。

また骨盤のゆがみによって消化器が圧迫されている状態が続くと、余分な水分と塩分を尿や便にして排出する力が落ちてしまいます。これによりむくみが起こってしまうこともあります。

骨盤が歪むと、余分な物を溜め込みやすい体になってしまうのです。骨盤矯正をして、むくみをスッキリさせてあげる事が重要です。

 

3.自分の骨盤は歪んでいる??

骨盤の歪みが原因でむくみが起こるとわかっていても、自分の骨盤が歪んでいるか同課は気になりますよね。骨盤がゆがんでいない場合、むくみの原因は別にあるのかもしれません。
まずは、自分の骨盤の歪みをセルフチェックしてみましょう!

(1)足踏みテスト

1.目印になるものがある床、またはテープを貼るなどして床に印をつけ、その印を中心に立ってください。

2.その場で目を閉じ、50回足踏みをします。腕を大きく振り、太ももを高く上げるようにしましょう。

3.50回足踏みをし終わった後にいる位置を確認してください。印より1m以上動いてしまっていたら、骨盤に歪みがある可能性が高いとされています。

(2)日常生活でチェック

何もないところでつまずく事がある

椅子に座ると足を組む癖がある

O脚やX脚である

立つときに片方の足につい重心を置いてしまう

バックをどちらか片方にかけてしまう事が多い

この項目に1つでも当てはまっていた場合、骨盤が歪んだり開いたりしている可能性があります(>_<)

 

4.骨盤矯正でむくみを取ろう

自分の骨盤はやっぱりむくんでいるかもと思ったあなた!!骨盤を矯正すれば血流が改善されてむくみが解消するだけでなく、女性に嬉しいたくさんの効果が期待される事もあります!

では、骨盤を正しい位置に戻すためにはどうしたらいいのでしょうか??

(1)日常生活で気をつけること

むくみの原因になってしまう骨盤の歪みを治したいけど「ストレッチやエクササイズをする時間をとるのは大変」という方が多いですよね?骨盤矯正の第一歩として日々の何気ない動作を意識することから始めるのがおすすめです(^^)/

・美しい姿勢を心がける

骨盤 歪み 姿勢

日常生活で気をつけてほしいのが姿勢です。どちらかに体を傾けたり、重心を片側に寄せてしまうという方は多いのではないでしょうか?猫背など姿勢が悪くなってしまっている人は、はじめのうちは意識をしないとできない事なので、しっかりと意識して美しい姿勢を心がけましょう。

・左右のバランスを均等に

骨盤 歪み バランス

椅子に座っているとき、ついつい癖で脚を組んでしまう人も多いはず!脚を組む癖がある人は、左右のバランスが崩れてしまう原因にもなります。
脚はなるべく組まないように注意し、どうしても組みたいときは片側ばかりにならないように、組み変えるなどしましょう。

横座りも、バランスを崩しやすい座り方の一つです。左右の脚を入れ替えるなど、左右に均等な力がかかるように工夫しましょう。

荷物もいつも同じ方の手で持っているとバランスが崩れやすくなります。なるべくこまめに持ち変える・鞄をリュックに変えるなどして、片方だけに重心がかかりすぎないようにしましょう。

(2)美しい座り方・立ち方

骨盤の歪みを整え直す座り方があります。簡単なものなのでご紹介します。

・膝の位置が腰より低くなるように座る。
・イスに深く腰をかけて、背筋を伸ばす。

横から見ると、骨盤が床と垂直になる姿勢を保つことがポイントです。

(3)骨盤の歪みを整え直す立ち方

・片足に体重が偏らないよう、両足に重心を乗せて均等に立つ。
・背筋・首・頭の3点がまっすぐになるように伸ばす。
・力が入り過ぎないように、適度に抜く。

姿勢が悪いと骨盤のバランスが崩れやすい事がわかりましたね。立ち方や座り方を意識するだけでも全然違ってきます。

 

5.骨盤が歪まないようにするために

骨盤はちょっとしたことに気を配るだけでも歪まないようにすることができます。

(1)長時間同じ姿勢になるのを避ける

骨盤 歪み 改善

座りっぱなし・立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢でいると筋肉がこわばってしまいます。筋肉のこわばりは、ちょっとした動きで筋が傷んだり、衰えたりする原因になるとのこと(;O;)

お仕事などによっては、長時間同じ姿勢になってしまうのは避けられないことだと思います。
ですので、途中で休憩を挟んだり、少し伸びるようにストレッチをしてみたり、良い姿勢を保つように意識をしてみる事もをおすすめします。

 

(2)体に合った寝具で睡眠を十分に取る

骨盤 歪み 睡眠

睡眠中は、寝返りを打つことで日中に生じた歪みを修正していると言われているんです。知っていましたか??
歪みを修正する為に十分な睡眠時間が得られなかったり、寝具が体に合っていないと更に歪みが悪化してしまうなんてこともあるそうです!!睡眠までもが骨盤の歪みに関わってくるんですね!
しっかりと安眠ができる寝具で、十分な睡眠時間を取りましょう。

 

(3)ハイヒールを控える

骨盤 歪み ハイヒール

ハイヒールを履くと体が前方に倒れ、骨盤も前に傾きやすくなります。その傾きを正常に戻そうとする力が働くと腰に負担がかかってしまい、骨盤が不安定になり、歪みやすくなると言われています。

ハイヒールを履くと足がきれいに見えるため、女性にはなくてはならないアイテムですよね!仕事でもヒールを履いているという人もいるのではないでしょうか。
ですが、毎日ハイヒールを履いていると骨盤に負担がかかってしまいますので、たまにはヒールの低い靴を履いて体を休ませてあげましょう!!

 

(4)骨盤矯正ベルトやショーツを使う

日常生活でも意識さえすれば骨盤の歪みを予防できることがわかりましたね(*^_^*)
ですがつい忘れてしまったり、意識してもなかなか治らない事も確かにあります。

そんな時は骨盤矯正のベルトやショーツがおすすめです!
骨盤矯正ベルトやショーツは装着して過ごすだけなので、簡単に取り入れられる方法です。骨盤ベルトやショーツは、本来あるべき位置に骨盤を固定してくれる器具のことです。使い続けることでその場所に骨盤が定着するというメリットがあります。

 

6.産後は骨盤矯正のチャンス!

産後に骨盤が歪んでしまったために、お腹のお肉が落ちにくくなる方が多いと言われています。どうしても産後は骨盤が開いてしまうため、歪みを防ぐ事はなかなか難しいと言われています(>_<)

ですが、産後は骨が柔らかくなっていて骨盤矯正のチャンスとも言われているのです!!産前よりもスリムになったママさんもいるくらいですので、出産の機会に骨盤矯正を取り入れて損はないでしょう!!
もちろん左右の歪みにも効果が望めます。特に産後の骨盤が戻ろうとしている時期がおすすめです。

 

7.骨盤矯正は時間がかかる?

骨盤矯正はどうしても時間がかかってしまいます。
整体やエステで処置した場合、軽い人で1~2ヶ月、重症になると1~2年ほどの期間が必要なのだそうです。
自宅で骨盤ベルトやショーツで矯正を行う場合にも、数ヶ月から数年かかると考えていいでしょう。

まずは続けられるよう、2ヶ月を目標に骨盤矯正対策を始めてみましょう。自分に合う方法で続けていくことが重要です!しっかりと習慣にすることで骨盤は整いやすくなります。

 

8.まとめ

骨盤の歪みの原因は日常生活の中にたくさん隠れています。むくみを解消するためにも日々の生活の癖や習慣を改善し、継続していく事が重要です(^^)/骨盤ベルトやショーツは履くだけで毎日続けられるのでとってもおすすめです!まずは続ける事を意識して自分に合った方法を見つけましょう!

-骨盤矯正

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.