酵素ドリンク

酵素ドリンクの原材料は多いほうが良い?

投稿日:

酵素ドリンク 原材料

健康づくりやダイエット、美容のためなど、さまざまな目的で注目されている酵素ドリンク。飲むだけで効果があるというお手軽さもあり、毎日の生活に取り入れやすいのもポイントですよね。ただ、いざ購入しようとしてみるとその種類の多さに驚きませんか?

特に成分表をチェックすると、その原材料の数は商品によって大きな違いがあります。酵素ドリンクの効果と原材料の数には、どんな関係があるのでしょうか。

 

1.酵素ドリンクに含まれているもの

酵素ドリンクには野菜や果物をはじめ、海藻や穀物などさまざまな原材料を発酵・熟成させた植物発酵エキスが含まれています。もちろん、それぞれの種類によって得られる栄養成分も異なります。免疫力を高めてくれるビタミンAは人参・小松菜・モロヘイヤなどから。糖質の代謝をサポートしてくれるビタミンB1は玄米・大豆などから。腸内環境を改善し体内の老廃物をデトックスしてくれる食物繊維はごぼう・わかめ・ひじきなどから…といったふうに。これらをバランスよく配合することで、より効果のある製品がつくられているのです。

 

2.良い酵素ドリンク≠原材料の数が多い

酵素ドリンク 原材料 多い

ほとんどの酵素ドリンクは野菜や果物、海藻などの原材料を配合していますが、大きな差があるのはその数。たとえばドラッグストアで酵素ドリンクの成分表を見比べた時、10種類前後のものからなかには300種類以上の原材料を使用しているものまであります。一見「たくさん入っているほうが効果は高いのかな?」と思ってしまいがちですが、実は酵素ドリンクは素材の数だけで優劣をつけられないのです! 理由は次のようなことから。

 

(1)酵素の性質

酵素ドリンクから得られる植物発酵エキスはそのまま体内で酵素として働くのではなく、あくまでもともと体内にある酵素の働きを助けたり新たに作り出すサポートをするもの。よって一概に原材料が多いからといって、酵素の数まで多いとはいえないのです。ただし、原材料が多いと酵素以外の栄養素が豊富になるのでそのぶんお得感はあります。

 

(2)会社のこだわり

酵素ドリンクをつくっている会社によって、よりよい植物発酵エキスをつくるための考え方は違います。なるべく飲みやすいことを重視して原材料は少なめに厳選したり、栄養素を重視して多めにしたりなど。品質を考えたうえで、使用する原材料の数も決められているのです。

 

3.どんな選び方をすればいいの?

酵素ドリンクは原材料の数が多いほど良いというわけではない。そのことが分かったうえで、どのように酵素ドリンクを選べばいいのでしょうか。

味やコストパフォーマンスなどを重視して続けやすいものを選んでいくのもいいですが、おすすめは無添加のものです。成分表にシロップなどの糖分が書かれているものは、植物発酵エキスが薄められている可能性があります。すると、当然効果もあまり期待できません。成分表をチェックするときは、原材料名が一番に記載されているかどうかに注目してみてください。

 

4.まとめ

せっかく酵素ドリンクを始めるなら、効果をしっかり出したいですよね。酵素ドリンクにはたくさんの製品があるので、自己判断でなんとなく手にしてしまう前にまずはどんな選び方が正しいのかをチェックしてみてください。あなたにピッタリの酵素ドリンクを見つけて、内側から健康的でキレイなからだを目指しましょう!

 

-酵素ドリンク

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.