酵素ドリンク

酵素ドリンクの使用期限と保管方法

投稿日:

酵素ドリンク 保管

酵素ドリンクは、毎日続けてこそダイエットや美容などに効果のある健康法です。そのため、気合を入れてまとめ買いしたり定期購入したりしている方も多いのではないでしょうか。そんななか、注意しておきたいのが使用期限と正しい保管方法。基本的に使用期限が過ぎてしまった酵素ドリンクの効果や安全性を、メーカー側は保障していません。だからこそ酵素ドリンクが本来持つ力を最大限発揮できるよう、あなた自身で正しい保管方法をチェックしておきましょう。酵素ドリンクは、毎日続けてこそダイエットや美容などに効果のある健康法です。そのため、気合を入れてまとめ買いしたり定期購入したりしている方も多いのではないでしょうか。そんななか、注意しておきたいのが使用期限と正しい保管方法。基本的に使用期限が過ぎてしまった酵素ドリンクの効果や安全性を、メーカー側は保障していません。だからこそ酵素ドリンクが本来持つ力を最大限発揮できるよう、あなた自身で正しい保管方法をチェックしておきましょう。

酵素ドリンクの使用期限と注意点

酵素ドリンク 保管

市販の酵素ドリンクは、ほとんどの製品が未開封の状態で約2年間保存できるようになっています。ただ、なかには1週間という短いものもありますのでしっかり確認しましょう。開封後は基本的になるべく早く飲みきったほうが良いです。また、記載されている使用期限はあくまで原液のままのものなので、水などで薄めた場合は2日以内に飲みきりましょう。ホームページに期限の記載がない場合は、メーカーに直接問い合わせるのがおすすめです。購入の際は以下の点に注意しましょう。

[注意ポイント]

・使用期限内に飲めそうなぶんだけ購入する

・セールや格安ショップで購入する際は、使用期限が迫っているものもあるので念入りに確認する

 

酵素ドリンクの保管方法と注意点

市販の酵素ドリンクは、未開封の状態では常温保存が基本です。なかには酵母菌が空気を必要とするため、あらかじめフタに小さな穴が開いているものもあります。直射日光のあたらない涼しい場所で、横倒しにせず立てて保存しましょう。開封後はほとんどの製品が冷蔵保存なので、記載通りに保存するようにしてください。酵素ドリンクを常温で保存する際は、以下の点に注意しましょう。

[注意ポイント]

・冬場でも日差しが差し込む場所は温まりやすいので気をつける

・夏場は室内が暑くなりすぎないようにする

・梅雨の時期や風通しの悪い場所ではカビの繁殖に注意

 

開封後はこんなことに気をつけよう!

酵素ドリンク 保管

酵素ドリンクは特に開封後の取り扱いに注意が必要です。「変な味がして飲めなくなった」ということにならないためにも、以下のポイントをおさえておきましょう。

[注意ポイント]

・酵素が抜けたり雑菌が入らないようにするためフタはしっかり閉める

・菌が混入しないように一度出した液はビンに戻さない・ビンに口をつけずコップなどにうつして飲む

 

手作り酵素ドリンクの場合

酵素ドリンクを手作りする人も、最近は増えてきました。インターネットでもいろいろなレシピが公開されており、お手軽なものは真似したくなりますよね。ただし、酵素ドリンクを手作りする場合は市販のものよりも保存が難しく注意が必要なのです。ときどきネットなどで賞味期限はないといわれていることがありますが、酵素の発酵が進み過ぎると腹痛の原因になることもあるので少し神経質になるくらいがおすすめです。以下の点に気をつけながら早めに飲みきるようにしましょう。

[注意ポイント]

・材料を混ぜる際は清潔なビニール手袋を使用する

・冷蔵保存か涼しい場所で保存する

・梅雨時期などはカビが生えていないか頻繁にチェックする

・臭いもしっかりチェックする(発酵は酸っぱい臭いだが腐敗するとツンとくるアンモニア臭になる)

 

まとめ

酵素ドリンクは野菜や果物などの自然の原料からつくられているぶん、保管方法もデリケートです。また長く続けてこそ効果をより感じられる健康法なので、使用期限をちゃんと守り、正しい保管方法を知って毎日安全に摂り入れていきましょう。

 

-酵素ドリンク

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.