酵素ドリンク

酵素ドリンクに含まれる植物発酵エキスって?その役割とは

投稿日:

「酵素ドリンクが身体にいいっていうけど、そもそも何が入っているの?」そんな疑問を抱いたことはありませんか? ダイエットをはじめ、美容や健康目的として取り入れている人も多い酵素ドリンクですが、そもそも何でできているのか気になりますよね。酵素ドリンクを調べていると植物発酵エキスという言葉をよく見かけると思いますが、酵素ドリンクの主な成分はこの植物発酵エキスです。今回はその植物発酵エキスがどんな役割をするのかを紹介したいと思います( ˘ω˘ )

植物発酵エキスとは

酵素ドリンクに含まれる植物発酵エキスとは、野菜や果物、穀物や海藻などの原材料を熟成発酵させたもの。酵素ドリンクの主な成分となるので、植物発酵エキス=酵素ドリンクと考えてOKです。植物発酵エキスは施設内で適切な温度・環境を維持し、微生物がまんべんなく発酵を行えるように樽の中をかき混ぜながら時間をかけてつくられています。長いものでは数年もの期間をかけて作成されているものもあります。

 

・発酵はしているがアルコールは入っていない

発酵させた飲み物といえばビールやワインなどのお酒が思い浮かびますが、酵素ドリンクにはアルコールは入っていません。熟成させる原材料や酵母菌によって、何ができるかは変わってくるからです。ここで勘違いしてはいけないのは、植物発酵エキスには生きた酵素そのものは含まれていないということ。出荷前の熱殺菌で、構造が壊れてしまうからです。よって、酵素ドリンクはあくまで体内の酵素を増やすためのサポート飲料といえます。

 

植物発酵エキスの役割

生き物が生命活動をするうえで欠かせないのが、タンパク質の一種である酵素。植物発酵エキスは、その酵素が体内で活動するのをサポートしてくれます。体内には大きく分けて消化酵素と代謝酵素のふたつがあり、消化や吸収・燃焼や排泄などに関わっています。ところが体内で生成する酵素の数には限界があるので、食事から不足した分を補う必要があります。そこで手軽に摂取できるのが酵素ドリンクなのです。体内に摂り入れた植物発酵エキスが具体的にどんな役割をしているのかご紹介します。

 

・体内の酵素を増やす為の成分になる

植物発酵エキスに含まれる栄養素をエサにして、体内の酵素が増えていきます。

 

・体内の酵素を節約する働き

体内の酵素は消化酵素→代謝酵素の順につくられ、消費されていきます。そのため消化酵素を植物発酵エキスで補うことで節約ができ、その分代謝酵素を増やすことができるのです。代謝が上がれば、デトックス効果が高まりダイエットにもなりますよね。

 

添加物について

酵素ドリンクの主な成分は植物発酵エキスですが、一部の酵素ドリンクには添加物が含まれているものもあります。たとえばコラーゲンやプラセンタが配合されたものや、シロップやフルーツ果汁が配合されたものなど。ほかの商品と差別化したり味の調整やコストカットのためなど理由はさまざまですが、基本的に原材料にこれらが含まれていると植物発酵エキス本来の成分は薄まってしまう可能性があります。飲みやすさやコストは確かに大事な要素ではありますが、しっかりと効果を感じるためにはなるべく避けたほうがいいでしょう。

 

まとめ

原材料が野菜や果物である酵素ドリンクは、身体に優しく安心して取り組める健康法のひとつです。植物発酵エキスの役割を知って、より期待が高まったのではないでしょうか。ぜひ正しい製品の選び方をチェックして、毎日の健康づくりにお役立てください。

 

-酵素ドリンク

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.