酵素ドリンク

酵素ドリンクダイエットはどうやって行う?

投稿日:

酵素ドリンク ダイエット

芸能人もダイエットに取り入れていると話題の酵素ドリンクですが、いまいちどうやったら良いかわからないって方もいらっしゃいます。そんな方のために、今回は酵素ドリンクダイエットのやり方をまとめました。酵素ドリンクダイエットの具体的なやり方や効率的な進め方、注意点を詳しく説明してありますので、ダイエットを始める前に読んでくださいね。

酵素ドリンクダイエット成功の秘訣

酵素ドリンク ダイエット

飲むだけで美容や健康に効果的と有名な酵素ドリンクですが、上手に使えばダイエットにも効果的。いくつかある酵素ドリンクを利用したダイエットの中でも最も効果の出やすい方法がカロリーコントロールを併用するものです。カロリーコントロールとはタンパク質、脂質、炭水化物という3つの栄養素をバランスよく摂取しながら、いつもの食事を酵素ドリンクに置き換える方法です。

 

・酵素ドリンクの置き換えダイエットで痩せる!

酵素ドリンクに豊富に含まれている酵素には消化機能を高める効果があると言われています。酵素ドリンクダイエットの成功のポイントは、太る原因となる脂質と炭水化物を減らすこと、不足しがちなタンパク質と野菜を摂取すること、酵素の力で消化機能を向上させることです。上手なカロリーコントロールと酵素ドリンクの力でダイエットを成功させましょう。

 

酵素ドリンクダイエットの具体的な方法

酵素ドリンク ダイエット

酵素ドリンクダイエットの具体的な方法について説明します。酵素ドリンクダイエットには、カロリーコントロールが必要だと紹介しました。全ての食事のカロリーを記録する方法もありますが、続けるのが大変です。そこで酵素ドリンクダイエットを初めてする方にオススメしている方法が、食事と酵素ドリンクを1食置き換ることから初めて、徐々に食事を取らない期間を延ばしていく方法です。この方法なら自分のペースで無理なくダイエットを続けることができますよ。

 

・酵素ドリンクと1食置き換えダイエット

初めて酵素ドリンクダイエットに挑戦する方には、1日1食を酵素ドリンクに置き換える『1食置き換えダイエット法』です。1日3食のうち、どこかで1食を食べずに酵素ドリンクを飲むだけの簡単な方法です。朝・昼・夜のどの食事と置き換えても効果はあるのですが、最も効果的なのは夜ご飯を置き換える方法です。ご飯の後に活動する時間のある朝・昼と比べて、夜ご飯の後はほとんどカロリーを消費することができません。さらに、夜ご飯は脂質・炭水化物をがっつりと食べてしまいがちです。カロリーコントロールを考えれば、夜ご飯を置き換えると効果的です。そうはいっても、毎日夜ご飯を酵素ドリンクに置き換えるのは難しいですよね。そういう時は朝ごはんを酵素ドリンクに置き換えましょう。内臓の働きが活性化する前に酵素ドリンクを飲めば、酵素の力で消化を助けてくれます。酵素ドリンクダイエットを有名にした浜田ブリトニーさんは、朝ごはんを酵素ドリンクに置き換えてダイエットに成功しています。朝ごはんを置き換える方法も健康的に痩せられる良い選択です。

注意しなきゃいけないポイントは、置き換えダイエットはもともと3食しっかりと食べていた方向けのダイエット法だということです。朝ごはんを食べていなかった方が朝食の代わりに酵素ドリンクを飲んだからといってダイエット効果は期待できないでしょう。

 

・酵素ドリンクと半日断食ダイエット

『1食置き換えダイエット法』に慣れてきたらチャレンジしていただきたいのが、酵素ドリンクと断食を苦に合わせるダイエット法です。体の調子と相談しながら、半日断食から無理せずに試してください。断食とは、決められた時間内は食事をとらず、酵素ドリンクや水、スポーツドリンクなどで過ごすダイエット法です。断食の中では半日(18時間)食事をとらない方法が初心者向けと言われています。断食の時間には睡眠中も含まれますので、前日の20時に夜ご飯を食べた場合には、翌日の14時までは食事をとりません。おおよそ2食抜いて、酵素ドリンクを飲むイメージです。

 

・酵素ドリンクと1日断食ダイエット

半日断食が苦じゃなくなってきた方は、1日3食食べないで過ごす1日断食がオススメです。食事の代わりに酵素ドリンクを飲んでください。1ヶ月に1回程度、1日断食をすると消化器官が休まると言われています。

 

・酵素ドリンクと2日間断食ダイエット

酵素ドリンクを使った断食ダイエットのベテランになった方は、2日間の断食と組み合わせる酵素ドリンクダイエットを行なっています。2日間で計6食を酵素ドリンクに置き換える方法です。もちろん1日断食酵素ドリンクダイエットよりも効果は高いですが、断食によるリスクも高くなります。辛いと感じたら、無理せずストップする勇気を持ちましょう。

 

・酵素ドリンクと3日間断食ダイエット

酵素ドリンクダイエットをしている中には、3日間の断食と合わせている方もいます。3日間で計9食を酵素ドリンクと置き換えて生活します。ここまでいくと修行のようですね。慣れた方でも体調に変化が起こりやすいそうなので、ここまでの断食は通常勧められません。「どうしても」という方は、専門家と相談してから始めましょう。

 

効率的に酵素ドリンクダイエットを勧める順番

酵素ドリンク ダイエット

酵素ドリンクダイエットでは無理は禁物です。無理をして体調を壊してしまった場合、酵素ドリンクが嫌いになってしまいます。さらに断食のリスクとして、最悪死亡するケースもあるそうです。そこで、初めて酵素ドリンクダイエットをする方には、必ず『1食置き換えダイエット法』からスタートしていただきたいです。1食置き換えダイエットであれば、体の負担か最小限に抑えられます。「もう1回、食事を酵素ドリンクに置き換えても大丈夫そうだな」と自信が持てるようになったら、次回から半日断食にしてみましょう。そして、半日にも慣れてきたら1日断食酵素ドリンクダイエットに挑戦します。通常、1日断食酵素ドリンクダイエットで十分です。2日断食や3日断食と酵素ドリンクダイエットを組み合わせるのは、特殊な事情がない限り避けた方が無難です。

 

酵素ドリンクダイエットの注意点

次は酵素ドリンクダイエットをする上での注意点についても紹介します。置き換えなどは問題ないかもしれませんが長期の断食などは体への負担もありますのでしっかりとした知識を身に着けてから行う事をおすすめします。

 

・準備期間と復食期間

酵素ドリンンクダイエットを安全に行うために気をつけていただきたい注意点があります。それは、半日以上の断食と組み合わせる場合には、しっかりと準備期間と復食期間を設けることです。それぞれの期間の目安として、準備期間:断食期間:復食期間=1:1:3と言われています。断食によるリスクを軽減して安全な酵素ドリンクダイエットをするためにも、準備期間と復食期間を守りましょう。

 

・断食期間を楽にする準備期間の過ごし方

準備期間には低カロリーの植物性食品を食べるようにしましょう。量も普段の半分から7割程度に抑え、胃腸に負担がかからないように意識すると良いでしょう。準備期間に栄養バランスが良く、胃腸に優しい食事を摂取すると断食期間中の負担を減らすことができます。

 

・トラブルのない復食期間の過ごし方

復食期間は断食に慣れた体を戻す重要な時間です。酵素ドリンクダイエットと一緒に行った断食によって、体は風邪をひいた後のような症状になっています。特に胃腸はじっくりと休んでいたため、急に働けと言われてもついていけないんです。準備体操もなしにダッシュをしろと言われてもキツイのと一緒です。最悪、倒れてしまうことも考えられます。復食期間こそ、じっくりと消化に良い栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。休んでいた内臓がゆっくりと動き出せるように、酵素ドリンンクダイエットの後は復食期間を設けましょう。

 

酵素ドリンクダイエット中は水分補給を忘れずに

酵素ドリンク ダイエット

酵素ドリンクダイエットを行う上で、水分補給も重要です。酵素ドリンクの効果には体内の老廃物や毒素を排出するというものもあります。酵素の力で排出される老廃物や毒素は汗や尿、便に混じって出てくるため、これらの元となる水分がたくさん必要になります。こまめに水分補給をすることで、酵素ドリンクの力を最大限に活かすだけでなく、脱水症状の予防にも繋がります。1日2Lの水分を補給すると、健康にも良く酵素ドリンクダイエットにも効果的です。

 

・水だけでなく塩分も摂る

脱水症状を予防するためには水分だけでなく塩分の補給も必要です。酵素ドリンクダイエットでは食事から摂取していた塩分が、酵素ドリンクに置き換えられることによって取ることができません。そこで、梅干しや具なしの味噌汁で塩分を補給しましょう。

 

-酵素ドリンク

Copyright© 酵素ドリンクで健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.